「サービス業」に関する実績・導入事例

2018-06-26
ゴミの蓄積状況をリアルタイムに発信するスマートゴミ箱「BigBelly Solar(ビッグベリーソーラー)」は太陽光で発電したエネルギーを使って、ゴミの蓄積情報を携帯電話網を通じて発信します。BigBelly Solarを使い、収集頻度などをコントロールしてコスト削減を目指しています。
2018-06-26
国内の受託開発の大手・伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は、トイレの空き状況がわかるIoTトイレの実用化を進めています。
2018-06-22
GAN(敵対的生成ネットワーク)と呼ばれるアルゴリズムを使用して人物の写真からアニメキャラクターを作成する方法がTokyo Deep Learning Workshop 2018で解説されています。
2018-06-21
京都大学発の人工知能(AI)ベンチャー「データグリッド」が、架空のアイドルを自動生成可能なAIの開発に成功しています。
2018-04-25
写真の情報が欠落した部分を自動で補正する技術「Image Inpainting」をNVIDIAが公開しました。ディープラーニングを使って実現したImage Inpaintingは、写真の中の要らない物体をキレイさっぱりと消し去ってくれます。
2018-04-19
タクベルは全車両でネット決済に対応したタクシー配車アプリで、AIを活用した需要予測システムも導入する予定。このシステムでは走行位置や車速、気象や公共交通機関の運行状況などを解析し、乗務員へリアルタイムかつ個別に走行ルートを推薦する。
2017-03-14
オートメイテッド・インサイト社(Automated Insights)が開発した、文章執筆を行う人工知能です。人間が入力したデータを正しく活用し、自然な文章として仕上げる作業までを全て「ワードスミス」が行います。
2017-03-09
みずほ銀行は、2015年2月、横浜市のコールセンターに音声認識と米IBMの「ワトソン」を組み合わせたシステムを導入しました。顧客との会話に応じ、回答候補となる情報を数秒ごとにオペレーター画面へ自動表示する、オペレーター支援システムです。
2016-10-17
富士通研究所は、お客様と応対者の会話から、自動的にお客様が満足や不満を感じる箇所を特定する音声分析技術を開発しました。
2016-09-12
Googleの人工知能開発部門の「DeepMind」が、状況や感情に応じてトーンや「間」などを使い分けて、まるで人間が話しているかのような自然な音声を出力する技術「WaveNet」を開発しました。すでに英語と中国語で、既存のテキストトゥスピーチ(TTS)技術を圧倒する品質を実現しています。
2016-08-10
九州大学先端ラーニング・テクノロジー研究室とアドインテは2016年7月26日に、共同で大学キャンパス内の「今の混雑状況」と「これからの混雑予測」を知らせる「K-now(ノウ):Kyushu University Now」を開発リリースした。
2016-08-09
株式会社アスクルが運営する個人向け通販サービスであるLOHACOが、お客様対応にチャットボットを使い、6.5人分の省人化効果を得た事例です。
2016-07-13
ロボットが記者の職業を奪う!?AP通信が人工知能とビッグデータを使い野球の試合を自動執筆
2016-07-04
TDSEの人工知能型SNS分析サービス「NetBase」、フジテレビの参議院選挙報道特番に導入決定