「AI」に関する実績・導入事例

AI
2019-09-06
困難なリチウム電池の劣化度診断を独自のアルゴリズムで実現。EV出荷時の特性評価時間を大幅短縮
2019-09-06
工数を減らして開発期間を短縮しAIの導入を効率的にサポート
2019-09-06
多様な小型デバイスやアプリにも組込めIoTシステムへのAI導入を促進
2019-09-06
人の目を得たAIによる目視官能検査で領域の安定化と検査トレーサビリティを向上
2019-09-06
積みっぱなし計測後の膨大な分析工数を削減。開発効率化に繋がる新たな頻度データレコーダ。
2019-09-06
指から取得した心電波形から個人を認証より高度なセキュリティを可能に
2019-09-06
コスト削減、利益率アップのためにAI、IoT利用を共に悩み・考え・歩みます
2019-09-06
どこでも気軽に使える顔認識システムでより正確なマーケティングデータ分析が可能に
2019-09-06
小型、軽量、安価なAIサービスロボット。メーカーや店舗の新たな販路開拓ツールとして活躍。
2019-09-06
機器が発する3秒間の「振動音」で誰でも簡単に異常診断ができるアプリ
AI
2019-09-06
生活支援対話システム「御用聞きAI」&「エルブズアップス」
AI
2018-07-15
MSが開発したアプリは「ユーザーの周囲の世界をナレーションする」。カメラを公園に向ければ、その風景の様子を教えてくれる。人物に向ければ、その人が微笑んでいるかどうかを教えてくれる。
2018-07-14
商品を撮影した動画から、指定したアイテム名をもとにAIが動画の中の該当箇所を自動認識し編集を行ってくれる。
AI
2018-07-04
FRONTEOは、AIでデータを分析するシステム「KIBIT」を人材流出、またハラスメントの防止に活用するサービスを提供しています。従業員のメールや文書などをチェック、分析し、 離職の原因となり得る不平不満やパワハラの疑いなどを検知するというものです。
2018-06-22
GAN(敵対的生成ネットワーク)と呼ばれるアルゴリズムを使用して人物の写真からアニメキャラクターを作成する方法がTokyo Deep Learning Workshop 2018で解説されています。
2018-06-21
京都大学発の人工知能(AI)ベンチャー「データグリッド」が、架空のアイドルを自動生成可能なAIの開発に成功しています。
AI
2018-06-20
NVIDIAがマーセッド大学とマサチューセッツ大学アマースト校と共同で、機械学習を利用してムービーの中間フレームを予測・自動生成することで通常のムービーを滑らかなスローモーションムービーに変える技術「Super SloMo」を開発しました。
AI
2018-06-13
空間内を飛び交っている電波(RF)を利用することで人の動きを検知し、AIが壁の向こうにいる人の動きをも読み取って画面に表示することが可能な技術「RF-Pose」が開発されています。
2018-06-03
カウルが人工知能によるビッグデータを活用した不動産価格推定機能をリリース!
2018-05-25
仕事をお探しですか? ペプシコが導入した「電話面接までこなすAI」事例
2018-04-25
写真の情報が欠落した部分を自動で補正する技術「Image Inpainting」をNVIDIAが公開しました。ディープラーニングを使って実現したImage Inpaintingは、写真の中の要らない物体をキレイさっぱりと消し去ってくれます。
2018-04-19
タクベルは全車両でネット決済に対応したタクシー配車アプリで、AIを活用した需要予測システムも導入する予定。このシステムでは走行位置や車速、気象や公共交通機関の運行状況などを解析し、乗務員へリアルタイムかつ個別に走行ルートを推薦する。
AI
2017-10-01
「Spectee(スペクティー)」はSNS上に投稿される災害・事件情報をリアルタイムに収集し、報道機関向けに配信するサービス。独自の人工知能(A I)を使って、t w i t t e rやFacebookなどからニュース性の高い写真・映像・テキストを自動収集、1次情報として報道機関に速報する。
AI
2017-03-29
社員の幸福は組織の生産性に強く相関します。そんな、社員の幸福に対し、コミュニケーションの側面でアドバイスを行う人工知能が開発されています。
2017-03-14
オートメイテッド・インサイト社(Automated Insights)が開発した、文章執筆を行う人工知能です。人間が入力したデータを正しく活用し、自然な文章として仕上げる作業までを全て「ワードスミス」が行います。
2017-03-09
みずほ銀行は、2015年2月、横浜市のコールセンターに音声認識と米IBMの「ワトソン」を組み合わせたシステムを導入しました。顧客との会話に応じ、回答候補となる情報を数秒ごとにオペレーター画面へ自動表示する、オペレーター支援システムです。
2016-10-17
富士通研究所は、お客様と応対者の会話から、自動的にお客様が満足や不満を感じる箇所を特定する音声分析技術を開発しました。
2016-09-12
Googleの人工知能開発部門の「DeepMind」が、状況や感情に応じてトーンや「間」などを使い分けて、まるで人間が話しているかのような自然な音声を出力する技術「WaveNet」を開発しました。すでに英語と中国語で、既存のテキストトゥスピーチ(TTS)技術を圧倒する品質を実現しています。
2016-09-02
NECは、顧客一人ひとりの趣味や嗜好といった詳細なプロフィールを、マーケティングの専門家が関与することなく、高精度に自動推定できる「顧客プロフィール推定技術」を開発しました。
2016-09-01
ディープラーニングでキュウリを選別する人工知能搭載仕分け機が開発中
2016-08-10
九州大学先端ラーニング・テクノロジー研究室とアドインテは2016年7月26日に、共同で大学キャンパス内の「今の混雑状況」と「これからの混雑予測」を知らせる「K-now(ノウ):Kyushu University Now」を開発リリースした。
2016-08-09
株式会社アスクルが運営する個人向け通販サービスであるLOHACOが、お客様対応にチャットボットを使い、6.5人分の省人化効果を得た事例です。
2016-07-15
佐賀県の農林水産部と佐賀大学農学部、そしてITシステム開発会社のオプティムの三者が連携し、夜間にドローンを飛ばし害虫を駆除する実証実験に世界で初めて成功しました。
2016-07-13
ロボットが記者の職業を奪う!?AP通信が人工知能とビッグデータを使い野球の試合を自動執筆
2016-07-04
TDSEの人工知能型SNS分析サービス「NetBase」、フジテレビの参議院選挙報道特番に導入決定
2016-06-22
がん検出率95%!人工知能を用いてがん細胞を特定する方法を米科学者が発明